3.11とYahoo!で検索しよう。そして、あの日のこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、 @georgek5555 です。
今日は3年前に東日本大震災があった日ですね。

ちょうど今頃でした。

僕のあの日

あの日のことは度々書いてますが、

筆者はあの時、ちょうど自宅にいました。



当時は六本木の飲食店で働いていて

ちょうど昼過ぎにおきてまったりとしかけた頃

元カノと電話で1時間くらい長電話をしていたタイミングでした。



ふと、おきる謎の揺れ。

それは数秒もすると、あっという間に部屋全体が揺れるのが分かりました。

当時住んでいた部屋は割りと築年数も新しく

さらに僕が低下層に住んでいたということもあって

恐らく、そこまで揺れていないと思いますが

それでもかなりの揺れでした。



僕と元カノは、とにかくすごい揺れだったねーと

そのまましばらく電話をつないだまま話していました。

テレビをつけても全然情報が入ってこない。



その後もすぐに大きな余震がやってきました。

元カノはかなり電話の向こうで怖がっていたのを覚えています。



チャンネルを変えても全然大した情報が入ってこない。

確か、一番最初に地震情報を流したのはNHKでした。



かなり大きな地震だとは分かりました。

僕と元カノはそのまま地震が起きてからも

1時間半は電話で話していた記憶があります。



僕はその後、出かける支度をして

電車で向かおうとしたのですが、

当然その時はすでに電車は止まっていました。



すぐに元カノに電話をして状況を伝えてあげようと

そう思って電話を取るけれど、この時はすでに電話が全くつながらない。



勤め先に電話をしてみても、一向につながらない。



僕はどうしたらいいのかと一瞬考え

そして自転車で六本木に向かうことにしました。



僕が住んでいたところから六本木までは

距離にして12kmくらい。

自転車で基本通っていたので、

自転車で行くこと自体は問題がなかったのですが

驚いたのは、東京の道路状況でした。



僕の向かう先には、まるでパニック映画のように

ひたすら歩き続ける人達の姿。

時折「練馬はこっち方向であっていますか?」など

新宿付近で声をかけられたりしていました。

まだ、スマホが今ほどの普及率じゃない時なので

ガラケーでは、ネットにつながらない状況のあの時に

地図すら手元にない人がかなりいたのを覚えています。



声をかけられたのは1人や2人ではありませんでした。



そして新宿駅を通るときには

その街の騒然とした状態に驚きました。



まだ被災地の状況がどうなっているのか

全く分かっていなかった僕ははしゃいでいたのを覚えています。


そして六本木のお店に到着し、

店の中がぐちゃぐちゃになっているのを

店のオーナーと確認し、そして店を出て

オーナーと近くの中華料理屋に入りました。



そしてふとオーナーがワンセグでテレビをつけた時に

僕はやっと今どういった状況なのかをきちんと理解しました。





そこからは、恐らくみなさんと一緒です。

目の前に拡がる光景に驚愕したのみです。



Twitterで流れてくる情報を拡散したり、

逆に情報を検索してみたりといった感じでした。



あれから3年が経過して、

当時のことをフラッシュバックすることを

こうして書くことはあまりよくないかもしれません。



今はただ、当時どうであったかよりも

『復興』というキーワードに向かって

僕らがそれぞれできることを考え、

こうした文字の媒体を持つものは何を伝えられるかを考え、

そうしていくことが大事なんだと思います。



このブログでは少しめずらしい記事となりました。

Yahoo!で『3.11』と検索しましょう

yahoo!311募金キャンペーン
既に知っている方も多いと思いますが、

そんな本日Yahoo!Japanが、Yahoo!検索で
『3.11』と検索することで、1人につき10円が公益財団法人東日本大震災復興支援財団の『一般寄附金』へ寄付されるというキャンペーンをやっています。

知っていたけどまだ検索されていないというみなさん、

ぜひ検索して、そして拡散して欲しいです。



たった数秒のわずかなアクションで出来る

ぼくらのこと。



ありきたりな締め台詞を言えるほど

僕は崇高な人間ではありません。

ただ、僕でも出来ること、そして同じように

何も出来ないけどと思っている、この文章を読むあなたにも出来ることをただ、伝えたかっただけです。



駄文お付き合いありがとうございました。

関連リンク

Yahoo!検索
3.11、検索は応援になる|Yahoo!Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FOLLOW KLOG

コメントを残す