SAKELIFEモニター3ヶ月目『六玄』そして卒業へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょいと一杯のつもりで呑んで、いつのまにやら女性を口説いている @georgek5555 です。



さて、いよいよ日本酒のサブスクリプション『SAKELIFE』のモニターブロガーになって3ヶ月目になります。

筆者がモニター記事を書くのはこれがラストになります。

年のために『SAKELIFE』って何って方はこちらを先にお読みください。

日本酒のサブスクリプション『SAKELIFE』のモニター1ヶ月目のご報告!まさしく美酒に酔いしれる夜! | KLOG-クロッグ-


京都の地酒『六玄』

さて、今回最後に届いたのはこちら。

AKELIFE モニター 六玄 京都 日本酒
少量仕込みが中心の小さな京都の蔵元『東山酒造』が誇る『六玄(りくげん)』。

今までの縦長のボディとは違って丸いずんぐりっとした形ですね。

AKELIFE モニター 六玄 京都 日本酒
この『六玄』を製造する『東山酒造』は何がすごいって

実はあの『黄桜酒造』の発祥の蔵なんです。

大手になってもなおも美味しいお酒を酒造する心意気が

この『六玄』にも込められています。

AKELIFE モニター 六玄 京都 日本酒
このお酒の特に米にこだわりを持っているお酒です。

仕様されているお米『山田錦』の中でも特に美味しいと言われる

岡山の『国定豪』氏が栽培している山田錦を使っています。

AKELIFE モニター 六玄 京都 日本酒

そもそも山田錦って?

そもそもよく聞く『山田錦』って何よ?って話。

山田錦は酒用のお米の中で王者として君臨する人気品種。

コンパクトでバランスがよく、力強い味わいが魅力で

さらに心白の大きさから、精米歩合をあげることも出来

非常にお酒づくりに適した誕生から約70年経つお米です。



あれ?それにしても僕ってこんなにお酒詳しいっけ?

全部SAKELIFEメルマガからの知識です

先程からすっごく日本酒通みたいに語りまくっていましたが

実はこの知識全部今回のお酒が送られる時と同時に

メルマガとして届いた内容に書いてある酒知識です。

「おい!騙しやがったな!」とお怒りの皆様、

こんな僕でもこんなにうんちくが語れちゃうほど

SAKELIFEのメルマガはとっても内容が充実しています。

ここに書いてあるのは一部抜粋ですから、

毎回届くお酒の色々な情報で日本酒に詳しくなって

そして美味しい呑み方まで伝授してくれるSAKELIFE最高じゃないですか。

さて早速試飲してみましょう

というわけで、色々なうんちくはおいておくとして

早速今回の『六玄』を味わおうじゃないですか。

AKELIFE モニター 六玄 京都 日本酒
いつものぐい呑にとととととっとついじゃいます。

ちなみにこちらのぐい呑みも初回特典としてもらったもの。

AKELIFE モニター 六玄 京都 日本酒
ちょっと写真が良くなかったですかね。

このぐい呑を見るとわかりますが

お酒の色が少し茶褐色のような色合いですね。

ちなみにこのぐい呑のそこにある藍色の2つの輪。

これは白の中に藍色を入れることで

透明のお酒の色合いを見るのに適したデザインなんですよ。

こんな情報もSAKELIFEのモニターになって初めて知りました。



さて、早速試飲。

うむ。すっきりとしている

まずはそのままの温度で呑みましたが

山田錦ならではのすっきりとしたのどごしと味わいです。

香りが結構立っていたので、少しきついかなと思っていたのですが

想像以上にすっきりとしていてこれは何にでも合いそうです。

燗でも美味しいのが今回の六玄

そして今回お酒と一緒にこんな酒器が送られてきました。

AKELIFE モニター 六玄 京都 日本酒
見た通りお酒の温度を測る『酒かん計』です。

2ヶ月に1度送られてくるこの酒器もSAKELIFEの魅力です。

ちなみに裏側はこんな感じ。

AKELIFE ちろりとは 日本酒 おでん
こちらの酒かん計にはちろり用のひっかける金具が付いてます。

“ちろり”って何だって、そこのあなた。

こちらが”ちろり”です。

ちろりとは おでん 日本酒 温めるやつ
屋台のおでんやさんとかで見かけるあれです。

口が広いのでこのひっかけが無いと堕ちちゃうんですよね。



というわけで、早速前回本来なら6ヶ月目にもらえるものを特別に早く頂いた燗つけ器で燗つけをしてみます。

AKELIFE モニター 六玄 京都 日本酒
こんな感じで徳利に差し込んで。

AKELIFE モニター 六玄 京都 日本酒
徐々にあがってくる温度。

AKELIFE モニター 六玄 京都 日本酒
今回は『ぬる燗』でいただくことに。

お酒の温度は5度ごとに名前が変わるんです。

40度は『ぬる燗』、ちなみに35度が『人肌燗』、45度は『上燗』なんて感じで細かく燗の名前があるんです。

このあたりは是非SAKELIFEで詳しくなってください。

『冷や』はちなみに20度です。



では、さっそく『ぬる燗』の六玄を。

AKELIFE モニター 六玄 京都 日本酒

おおー。味わいが変わった!

毎度思いますが、本当に日本酒というのは温度が全く味が変わります。

こちらもさきほどの常温よりもグッと飲みやすくなって

さらに香りが高まった感じですね。

本当に日本酒は奥が深い。

分からないことは是非コンシェルジェに

お酒を呑むのが大好きな筆者ですが

さすがに1度にこれだけの日本酒を独りで呑むのはちょっと寂しい。

けれど、日本酒ってどうやって保存するんだろ?ということで

SAKELIFEならではの『コンシェルジュ』サービスを利用して

直接SAKELIFEの方にお酒の保存方法を聞いてみたところ、

日本酒は開栓すると、そこから酸化が進んでしまうのはある程度仕方のないことでございます。

それでも、1本のお酒を1度で飲み切るのには体力的にも厳しいでしょう。

そういう時は、きちんと栓をして冷蔵庫に入れていただければ問題ありません。

〜〜〜(中略)〜〜〜

本当に劣化して飲める状態でなくなってしまったら調理酒に使っていただいたり、お風呂の湯船に入れていただくとデトックス効果がありお肌にも健康にも良いです!
なるほど!!!すごい!ちゃんと教えてくれた!

さらに『六玄はどんな料理が合いますか?』と質問したところ

こちらのお酒はお米の味わいがしっかりしているタイプで旨味が特徴的なお酒です。

こういったお酒に合わせていただくお料理だと出汁の味が効いたお料理がお勧めです。

日本酒と料理をあわせるとき、味わいの似たものを合わせていただくと失敗がありません。例えば、
・筑前煮
出汁が効いたお料理で、お野菜が中心なので六玄の繊細な味にも合わせることが出来ます。

・親子丼
鶏のお出汁がよくマッチし、卵も加わっているので、よりまろやかに召し上がっていただけると思います。



あと、意外なもので言えばあのお米の奥行きのある味わいからチーズなどとも相性がいいです。

チーズもたくさんあると思いますがあまり癖のないチーズがお勧めです。

〜〜〜(中略)〜〜〜

以下のものだと簡単に作っていただけますのでお試しください

http://cookpad.com/recipe/2538521
なんと、クックパッドのリンクまで貼ってくれてレシピまで教えてくれました。

これはなんと最高な。



プロの方にちゃんとした楽しみ方を教えてもらえるのもSAKELIFEならではです。

そして卒業へ

そしていよいよ筆者は今回でSAKELIFEモニターを卒業することになりました。

お酒が好きだから飛び込んでみたSAKELIFEの世界。

その世界はあまりに楽しくて

色々と勉強することもあり、

楽しい仲間とのステキな時間、

楽しかった文化祭(※ありません)

楽しかった修学旅行(※多分ありません)

僕は!桜の花が開く今日SAKELIFEモニターを卒業します。

sakelife
Thank you for your drinking

さよならのかわりに・・・・

ちゃんと締めます

というわけで、ほんとうに名残惜しいですが、

これをもってSAKELIFEモニターの記事は終了となります。

今回は伝えきれなかったSAKELIFEの魅力を少しでも盛り込もうと

ちょっと長めになりましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事をお読みのみなさま、気になったら1ヶ月お試しコースからでも始められますのでぜひご登録されてみてください。

それではまたどこかの宴の夜に。

SAKELIFEウェブサイト

[ad1]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FOLLOW KLOG

コメントを残す