MacBookのACアダプタ(Magsafe)が壊れたからAmazonで激安なのを買った!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はタイトルがめっちゃ長いんですが

筆者はめっちゃ休止期のMacBookを使っております。

実はちょっと前まではLate2007だったんですが

先日Late2007が調子悪くなった際に

知り合いの方にEarly2008を譲っていただきまして、

結局Marvericksとか入れられないやつですが。

MagsafeのL字は壊れやすい?

Macbook用のACアダプタつまりMagsafeですが、

それまではT字といわれるタイプだったのが

L字と言われるタイプに変更になりました。

L字の方はより壊れにくいと評判とのことでしたが

なんというかあっという間に使えなくなってしまいました・・・


周りの人に聞いてみたりネットの評判を見る限りでも

Magsafeは本当に急に断線しちゃうんだよなーっていう声が多く

この辺はAppleさん頑張って欲しいです。

[ad1]

Amazonで買うと激安!

断線したままでは全く仕事にならないので

すぐに買いに行こうと思ったのですが

それにしてもMagsafeは高い。

Apple 60W MagSafe 電源アダプタ MC461J/A
アップル (2009-11-15)
売り上げランキング: 12,892
この記事を書いている2013.11.10時点で

筆者のMacbook用の60Wタイプで¥8,018。

これはちょっとあかん。


しかしちょっと検索をかけてみるとすごい安いのがあった。

こちら価格は2013.11.10時点で送料込みの¥2,290!!

これは安い。純正のを4つくらい買えちゃう。

しかも1年間の保証までちゃんと付くきちんとした製品の模様。

ちなみに筆者のは60Wだが、Magsafeはいくつか種類があるので

購入時にはちゃんと確認してから買いましょう。

念の為にこの記事の最後にもう一度紹介しときます。



ちなみにほぼおなじくらいの値段のが色々ありましたが、

今回のこちらの製品はAmazonプライム対応ということでチョイス。

お急ぎ便対象なので純正を買うことを考えれば全然安いですし

Macが使えなくなるのはマズイのでここはお急ぎ便を指定。

(ちなみに当日お急ぎ便の指定忘れて結局通常お急ぎ便で翌日にきました…orz)

使える!使えたぞ!!

というわけでAmazonさんから届きました!!

magsafe60w激安amazon互換
なんかデカイな。相変わらずだ。

magsafe60w激安amazon互換
箱の中には更に箱が。

バルク品だしてっきりむき出しかと思っていたら意外にちゃんと箱に。

箱の中に入っているプチプチの中から出てきたのがこちら。

magsafe60w激安amazon互換
おおー。ちょっとユルい。。

外側の箱に対して中の袋の使用はユルイ。

magsafe60w激安amazon互換
というわけで袋から出したのがこちら。

リンゴマークが無いだけで他は全く同じ使用。



というわけで早速Macbook君にバチンっ!

magsafe60w激安amazon互換
おおー。無事に充電が開始!

というわけで無事に充電が出来るようになりました。

今のところなんの問題もなしに使えております。

この値段なら、壊れる前から外使い用にとかで買っておくのもいいですね。

買う前にはワット数を確認しておいてください

前述しましたが、注文前にはまず壊れた方のアダプターをよく見てください。

magsafe60w激安amazon互換
こんな感じでちゃんとワット数書いてあります。

ちなみに45Wのリンクはこちら。

2013.11.10時点では¥2,400でした。


MacBookPro用の85Wは2013.11.10時点で¥2,300。


ちなみにこちらはRetinaタイプに使われているMagsafe2と従来のL時の互換タイプ。

2013.11.10時点で¥3,580でした。

変換アダプタの値段がそのまま乗った感じですね。


ちなみに旧式のT字タイプの60Wもありました。

2013.11.10時点で¥2,200。

ちゃんと確認して使用は大切に。

ということでちゃんと自分のタイプがT字かL字かMagsafe2なのか

ワット数はいくらなのか確認して買いましょう。

ちなみにコンセントに差し込める部分は取り外しが出来ますが

Magsafeの故障の原因はだいたい断線なので

その外せる部分は使える可能性が高いので

何気にたまに壊れるこの部分はとっておいて残しておくといいかもですね。

自分の知人はその部分だけで2回くらい壊してましたので。



というわけでよきMacLifeを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FOLLOW KLOG

コメントを残す