【企業豆知識】ユニクロの名前の由来と本社の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユニクロ ロゴ 社名 由来
どうも!ファストファッション大好きなファットファッションの @georgek5555 です。

ユニクロの本社ってどこだか知ってる?

さて、今日Twitterで鶏のアイコンの方からこんなつぶやきが。
ユニクロの親会社である株式会社ファーストリテイリング。

上記ツイートは、本社が東京ではなくて、山口県にあるということが意外で驚いたという内容だったのですが、そういえば元々山口県の宇部が最初だったなと、ふと思い出したので、さらに詳しく調べてみました。

登記上の本社所在地は山口県なんです

とにかくこういう時は会社のウェブサイトを見れば一発です。

http://www.fastretailing.com/jp/about/company/

こちらを見てみると確かに『本社所在地』が『山口県山口市佐山717-1』になっています。今でも山口県に本部を構えているのですね。

現在はほとんどの本社機能は東京ミッドタウンにある「東京本部」に集約しているようですが、あくまでも本社は山口県のままだそうです。

「どうして山口県に本社がそのままあるのか?」との、素朴な疑問に対して柳井会長は過去のインタビューでこう答えています。
やる気があればどこでも市場開拓できます。本社の所在地はあまり意味がないと思います。山口県におけるメリット、デメリットは特に感じていません。
via 独立行政法人経済産業研究所
柳井氏が言うと何だか重みがありますね。それにしても会社の創業って1963年なので、今年で51周年になるんですよね。新しい会社のイメージを持つひともいるでしょうが、歴史ある会社なのです。

UNIQLOの名前の由来

さらに、色々調べていたら旗艦ブランドである『ユニクロ』の名前に関して色々トリビアがあったので、備忘録的にまとめておきます。

ユニクロは略称

元々は男性向け衣料品を扱う『メンズショップOS』を展開していた、旧社名である『小郡商事』が、広島に当時流行り始めていた”ユニセックスカジュアルファッション”のお店をオープンさせたところまで遡ります。そのお店の名前が『ユニーク・クロージング・ウエアハウス』で、英語表記で『UNIQUE CLOTHING WAREHOUSE』だったのです。

ユニクロ 名前 由来

※ファーストリテイリングウェブサイトより転載(写真がボケボケですいません)



それを省略して縮めて『UNI-CLO』としていたですが、1988年に香港に現地法人を設立した時に間違えて『UNI-QLO』としてしまい、そのまま現在のUNIQLOになったそうです。

現在のロゴは2006年から

ちなみに今の英語とカタカナによるロゴは、2006年11月に佐藤可士和氏が手がけたもの。その前のロゴはこんな感じでしたね。

ユニクロ歴史 名前 由来
そうそう。男女が手をつないでるやつ。よくよく見てみるとこの頃のロゴにはしっかりと、元の『UNIQUE CLOTHING WAREHOUSE』が記載されていますね。とっても懐かしいです。

今年もユニクロは色々ニュース満載!

明日の2014年3月5日には香港預託証券(HDR)形式による香港上場の予定であったり、さらに3月14日には東京・池袋に『グローバル繁盛店』業態の『ユニクロ 池袋サンシャイン60通り店』がオープン予定など、今年も色々とニュースが絶えないですね。

これからも企業理念である

『服を変え、常識を変え、世界を変えていく』

を魅せ続けてくれることを楽しみにしています。

以上、ユニクロ新宿三丁目店前より @georgek5555 がお伝えいたしました。一旦スタジオにお返しいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FOLLOW KLOG

コメントの入力は終了しました。