2014年4月1日から収入印紙は税抜5万円からになるの知ってる?知ってるの?まじか!

収入印紙4月から5万円
どうも!果てしないフリーランス(無職)の @georgek5555 です。

直接お客さんとお金をやりとりするお仕事の人なら

一度は貼ったことあるかと思う『収入印紙』。

実は今回消費税が5%→8%に上がるのに伴って

その収入印紙の制度も変更になります。


4月からは税抜5万円からになります!

今までの収入印紙は3万円以上の領収書を発行する時に必要でした。

たまに高い携帯代とかコンビニで払う時とかも

しれっとはられていたりするので学生の方とかでも手にしたことはあるでしょうか。



今回の消費税の改正にともなってその印紙税も改正になります。

今回の平成26年4月1日からの改正で最低金額が

税抜5万円以上になります。



4月以降に発行する領収書で

売上額が税抜で5万円以上のものに必要で

印紙は変わらず200円〜です。



ちなみにあくまでも『税抜』です

たまに領収書を発行する時にこの話で驚く方もいるのですが、

実はその売上額は『消費税抜』の価格なんです。



つまり、例えば今なら『税込31,395円』とかだと

税抜にすると『29,900円』なので収入印紙いらないのです。

もちろん、ちゃんと領収書の中に『税抜額』と『消費税額』を明記する必要がありますが、

これ意外に知らない人多いんですよね。



んで、2014年4月からは消費税が8%になりますので

税込・53,998円つまり税抜・49,999円までは

印紙を領収書に貼る必要がなくなるってことです。

消費税の小数点以下は端数切り捨てです


消費税の計算をしていて、小数点以下が出る場合

四捨五入なのか端数切り捨てなのか悩む方いらっしゃいますが

原則は『端数切り捨て』です。

なので、今回の場合も、税抜で49,999円に8%を乗せて

端数を切ると53,998円となったというわけです。

印紙税ってなんであるの?

ちなみに今回収入印紙のことを調べてて

そもそもなんぜ印紙税ってあるのよ!って思って調べてみたところ

元々は1624年に独立戦争で財政が窮乏していたオランダが

国民に重税感を出さないために編み出した税制らしいです。

金額が安い取引が多い通常の買物ではあまり見えてこない税なので

あまり不満が上がらないということで他の国にも一気に広がったそうです。

日本では1873年から導入されたそうです(結構古い!!)


印紙はきちんと貼りましょう!

ということで、今回の改正で余計な印紙を貼る機会が

前よりも減ったので、嬉しい限りですね。



ちなみに印紙をきちんと貼らないと

最悪の場合『3倍』の税金を納めないといけなくなっちゃいます。



ちなみに消印もちゃんと押さないと、

その印紙額と同額の罰金を払わないといけなくなります。

バイトの人とか気をつけましょうね。



ちなみに故意に印紙を貼らない場合は

印紙税法第5章第22条で

『一年以下の懲役若しくは20万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。』

と書いております!最悪牢獄だよ!牢獄!!



脱税はいけません!宮本信子さんきちゃうよ!



ということで、豆知識&知らなきゃ損情報でした!


関連リンク

消費税増税でお子様1人につき1万円がもらえるの知ってますか?!
2014年4月1日からの郵便料金やレターパックなど色々まとめてみた。
低所得者が1万円もらえる?4/1増税に伴う臨時福祉給付金をご存知ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
,

コメントを残す