【珈琲豆知識】ジョージアのTASTYって知ってる?意外な事実に驚愕・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、缶コーヒーを飲み頑固にあんときの@georgek5555です。

さて、日本コカ・コーラが誇る缶コーヒーの一大ブランド『GEORGIA』。

今でも常に新製品が発売されていますが、『TASTY』という味をご存知ですか?

かつての定番商品

アメリカ本国からの反対を押し切って販売したという

日本コカ・コーラの缶コーヒー”ジョージア”。

その中でもかつて一番人気があったのがこちら。

ジョージア TASTY ティスティ 缶コーヒー
ジョージアの『TASTY(テイスティ)』。



今で言う『オリジナル』が甘く感じて

ちょっと珈琲にしては甘いんだよな・・・という

コーヒー好きの人達の中で発売後すぐに火がつき

かつては大人気な商品でした。



しかし、1994年に発売になった『エメラルドマウンテン』の定番化以降

徐々に全国での販売の取り扱いがなくなってしまったとのこと。


つまり最近の若い人、特に10代とかは「知らない」という方も多いなじゃないでしょうか。

ジェネレーションギャップを感じますね。まじチョベリバです。

でも、まだ普通にあるじゃん?

東京に来てからというものの『TASTY』を見かけなくなったのですが

実は筆者が福岡にいるまでは普通によく見てたのです。



そうなんです、実は『地域限定商品』として今でも生き残っているんです。

なので、このブログを普通に販売している地域の人からしたら

「え?!まじで?!」という感じかと思います。



ちなみに販売地域は

みちのく・仙台・三国・四国・北陸・ウエスト・南九州コカ・コーラボトリング。

なぜだか、関東では販売していないんですよね。

[ad1]

ここでちょっとしたトリビアを

ちなみにジョージアの発売スタートは

筆者の故郷『北九州』だってご存知ですか?



当時冬場に製品が売れないことの打開策として

当時の『北九州コカ・コーラ』(現コカ・コーラウエスト)が

音頭をとって発売を開始したのが実は初めで、

その後順次全国の他のコカ・コーラでも販売されたんです。



なので、販売が後になった地域では他社の缶コーヒーを販売していたり、

当時は地域限定だった『マックスコーヒー』を扱っていた地域は

しばらくはジョージアの販売がなかったりなんてこともあったらしいです。

ちなみに当時のCMでは『神奈川県下では販売しておりません』なんて表記もあったそうです。




ちなみに『ジョージア』の名前の由来は、

コカコーラの本拠地が『ジョージア州』にあるからということです。

そのまんまな気がしますが、アメリカでは販売していないという

なんとも不思議なオチまでついててオモシロイです。

ちなみにダイソーでも買えます

さて、話は戻って『TASTY』ですが、

一部のダイソーでも販売しているそうで、

さきほどの販売エリア以外でも全国的にも買えるようです。



今回色々調べたら、他にも結構地域限定商品があるようですね。

自分が知らないジョージアもあったり、

『エンブレムブラック』が実は九州限定だということに驚いたり

なんてことがありました。

ジョージア エンブレムブラック 九州限定

ジョージアに歴史あり

それにしても缶コーヒーにも歴史ありですね。

筆者にとっての思い出は、コンビニでバイトをしていた時に

朝方勇ましい建設作業員の方々が買っていく

TASTYがなんだか男の勲章だったように見えたことでしょうか。



今日は海が見えるあのコンビニで缶コーヒーでものみましょうかね。

テイスティ|ジョージア特設サイト

コカ・コーラ ジョージア TASTY 190g×30本
コカ・コーラ (2011-10-17)
売り上げランキング: 1,966

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FOLLOW KLOG

コメントを残す