吹石一恵さんのブラトップのCMが話題だからブラトップとは何か調べてみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラトップ 吹石一恵 CM 動画
綺麗なお姉さん大好き! @georgek5555 です。



女優の吹石一恵さんが登場するユニクロのブラトップのCMが話題です。


吹石一恵さんが美しいと話題のCM

ユニクロといえばもはや説明不要の日本が誇る企業ですね。

そんなユニクロの製品ブラトップのCMが一部で話題になっています。

その話題のCMがこちら。



以前は隠れ巨乳だと騒がれていた吹石一恵さんが、さっそうにユニクロのブラトップを着こなすこのCM。確かに爽やかで、決していやらしくなくいいCMですね。

こちらのブラトップシリーズのCMは吹石一恵さんをはじめとして、山田優さんや水原希子さん、栗山千明さんや桐島かれん、上田森曾さんなどが出演されていて、とにかくオシャレで綺麗なお姉さん達が続々と登場しているCMです。



しかし、いまさらながらですが、ここにきてブラトップって何よ?って思ったので、ちょっと調べてみました。

ブラトップとは?今までのインナーと何が違うの?

そんなのも知らないの?情弱なの?とか言わないで下さい。

とりあずブラトップの歴史を軽く探ってみました。

ブラトップは『肌着の概念を変える』のコピーで展開する『エアリズム』シリーズの1つ。

同じくエアリズムシリーズといえば『ヒートテック』などがありますね。

2008年に登場してから、現在まで瞬く間に女性の間に広がった、今や女性にとっては知らないわけがないじゃないという製品らしいです。



ちなみに吹石一恵さんがCMで着ていたブラトップの裏側はこんなに風になっています。

ブラトップ とは ユニクロ 着心地 CM 吹石一恵
なるほど。ブラジャーとインナーが一体になっているわけですね。

つまりブラを付けなくてもいいという感じでしょうか。

イメージとしてはスポーツブラに近い感じですかね。

ブラトップは色々種類があります

ブラトップはさきほどのCMを見ているとスポーツブラと同じと思ってたのですが、調べてみると色々と種類があるようです。

ブラトップ ユニクロ CM 吹石一恵
キャミソールタイプですね。

さきほど吹石一恵さんがCMで着ていたタンクトップタイプがよりフェミニンになった感じでしょうか。これからの季節によさそうですね。

キャミソール ブラ ユニクロ ブラトップとは
こんな感じのレースのついたカワイイタイプもあります。

これだと下着+インナーという感じが分かりませんね。

ブラトップ ユニクロ CM 吹石一恵 ノーブラ
こちらはストラップもはずせるチューブトップタイプ。

なるほど、これだといちいちブラジャーが出ているとか気にしなくていいのか!スタイリッシュですね。

ブラトップ ワンピース ノーブラ ユニクロ
さらにこちらはワンピースタイプ。

この下にブラトップを着ているのではなくて、これじたいがブラトップになっているタイプ。なんと!これは女性にとって楽でオシャレじゃないですか!

女性の中でも賛否あるみたいです

とっても楽に生活が出来そうなブラトップですが、色々と女性の間でも賛否があるようですね。

特にブラトップだけだと、やっぱりノーブラ感が強いのでちょっとだらしなくなってしまうという意見や、胸のサイズによってはあまり心地よくないという意見もあるようです。

中にはブラジャーを付けてから、さらにブラトップでボリュームアップさせるというかたや、ブラのストラップをはずさないといけないような着こなしの時に活用している方などもいるようで、様々ですね。

ブラトップの女性と過ごす夜は注意

さらに、これが驚きました。

ブラトップの脱がせ方。



こちらも吹石一恵さんのブラトップのCM。

この動画を見てもらうとわかるように、ブラトップは着る時も脱ぐ時も下からなんだそうです。

なるほど・・・これは確かに上にズラしてってやるとその後なんだか大変そうですね。

しかし、これを下までずらすとなるとかなりの足技を駆使しないと・・・。

機能性インナーはいいじゃない

ブラトップに関してまとめてみましたが、男性である筆者にとっては最後のブラトップ女性との夜の過ごし方くらいしか必要無かったですが、とにかくユニクロさんの機能性インナーはいいですね。

これからも便利でおしゃれな衣料品を展開してもらいたいと思います。



あ、筆者はべっ、別におっぱい星人ってわけじゃないですからね!!



・・・以上、ユニクロ池袋サンシャイン60通り店前より @georgek5555 がお届けいたしました。

一旦スタジオにお返しいたします。

[ad1]
ブラトップ|ユニクロ
【企業豆知識】ユニクロの名前の由来と本社の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FOLLOW KLOG

コメントを残す