outlook.comアドレスをパソコンのメーラーで受信する設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoftが新しくoutlook.comアカウントでのメールサービスを開始しました。

アカウント取得祭りがとりあえず起きていて、筆者もとりあえず3文字アカウントを取得してほくほくしてましたが、この手のwebメールってメインで使っていない場合ついつい放置しがちです。

とりあえず、outlook.comのメールアドレスとも、他のアドレスとかと一緒にメーラーで受信設定しておこうという方も少なくないでしょう。

確認出来ている限りでは、まずiPhoneなどのiOSデバイス上で使うのがとっても簡単です。

設定方法は、

設定→メール→連絡先/カレンダー→「アカウントを追加…」→「Hotmail」を選択します。

iOS outlook.com 設定 メアド
後は、取得したメールアドレスと設定したパスワードを入れると自動でセットアップしてくれます。

しばらくするとExchange設定になって完了します。しかし、それだけではもちろん足りません。

パソコンでoutlook.comのアドレスを設定したい

さっきのiOSがhotmailで設定したので分かる方もいるかもしれませんが、hotmailの時とおなじようにPOP3なら設定可能(現在はIMAPでも設定可能になりましたです。

いや、メーラーって?という人。「Windows Liveメール」とかマックの「mail」とかです。

とりあえずここからは、基本的にメーラーでセットアップ出来るということが前提で話しますので、初心者の方はご友人にやり方聞いて下さい。

僕はここからは淡々と画像も貼り付けずにやり方だけを。

(なんせ今手元にしなびた古いmacbookしかなくて、windows機もないのですいません)

とりあえず、分かる人には分かる系ですが、端的にいうと、メールアカウントの設定は以下です。

outlook.comアドレスのIMAPでの設定方法

サーバーの種類:IMAP

アカウント名:取得したメールアドレス(@outlook.comまで)
パスワード:設定したパスワード

POPサーバー:imap-mail.outlook. com
SMTPサーバー:smtp-mail.outlook.com

SSLの設定はPOPもSMTPも両方ともON
ログインに使用する認証は「クリア テキスト認証」

IMAPのポート「993」(POPと違うので注意)
SMTPのポート「587」

送信サーバーは認証が必要にチェック

outlook.comアドレスのPOPでの設定方法

サーバーの種類:POP3

アカウント名:取得したメールアドレス(@outlook.comまで)
パスワード:設定したパスワード

POPサーバー:pop3.live.com
SMTPサーバー:smtp.live.com

SSLの設定はPOPもSMTPも両方ともON
ログインに使用する認証は「クリア テキスト認証」

POPのポート「995」(IMAPと違うので注意)
SMTPのポート「587」

送信サーバーは認証が必要にチェック

パソコンでoutlook.comアドレスを受信して快適に!

という感じです。ザックリですが、基本的なセットアップ出来る人なら分かると思います。

これでoutlook.comで取得したアドレスもパソコンで使用することができます。

現在はiOSでもアプリがリリースされていますが、非常に使い勝手もよいのでそちらもオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FOLLOW KLOG